夏のカラダを整える、「玄米甘酒」

 

 

じりじりと汗ばむ陽気の7月。

Agtは今年もヒンヤリ冷たいフルーツ甘酒、「ムージュ」の販売を開始しました。

 

甘酒は俳句の世界では夏を表す季語であり、江戸時代には暑気払いの飲み物として庶民に親しまれていたそうです。

栄養豊富で消化吸収も早いことから甘酒は” 飲む点滴 “とも呼ばれ、疲労回復、美肌効果、整腸作用などに期待ができる飲み物といわれています。

 

 

 

〇 秘密が詰まったAgtの甘酒

 

Agtで販売している甘酒は、「玄米 + 糀 + 水」だけで作る” 玄米甘酒 “で、岡山にある味噌屋さんで仕込んでもらっています。

 

 

【秘密①】

糀のプロだからできる、酵素活性の高い糀を使っています。

 

【秘密②】

備長炭を地下水にいれ、さらに電子を付加したイオン水にすることで素材本来の味わいを引き出します。

 

【秘密③】

蔵の床下に備長炭を敷いてマイナスイオンの多い環境を作り、発酵・熟成させています。

 

【秘密④】

原料に自然栽培米を使用しています。

(無農薬・無化学肥料の北海道産米と岡山県産米のブレンド)

 

 

こうした環境下で仕込むことによって、お米の内部にまでしっかりと水分が吸収され、糀菌の働きを良くし、とてもなめらかで糖度が50度以上ある甘みの玄米甘酒に仕上がります。

 

玄米食に慣れていない方でも飲みやすい味わいで、ノンシュガー・ノンアルコールだから小さなお子様や妊娠中・授乳中のお母さんも日々の栄養補給に安心してお召し上がりいただけます。

 

 

 

〇 玄米甘酒の栄養と主なはたらき

 

玄米甘酒にはブドウ糖、ビタミンB群、ミネラル、アミノ酸など栄養が豊富に含まれているため、デトックスアンチエイジングに期待ができます。また、日々の健康習慣、腸内フローラの改善、免疫を整えたいという方にもおすすめです。

 

・体力回復、栄養補給

エネルギー源となるブドウ糖が豊富で疲労の回復におすすめ。酵素のはたらきによって吸収も良いため、風邪を引いたときなどに効率よく栄養を補給することができます。

 

・分解作用

甘酒には100~200種類の酵素があるといわれており、食べ物の消化やアルコールの分解など胃腸の働きをサポートします。食欲がないときの胃腸ケアにもおすすめ。

 

・美肌効果

ビタミンB群、ミネラル、コウジ酸などお肌に良いとされる成分を豊富に含んでいます。

 

・デトックス、整腸作用

玄米に含まれる糠の成分や、豊富な繊維質が腸内環境を整え、代謝を良くします。また、腸内が整うとリラックス効果など精神面の改善にも期待ができるといわれています。

 

 

 

〇 玄米甘酒の活用いろいろ

 

・甘酒として飲む

甘酒として飲む場合は、「水またはお湯2:玄米甘酒1」の割合を目安にしてお召し上がりください。水の代わりに、豆乳やレモン果汁で割って飲むのもおすすめです。

 

・そのまま食べる

Agtの玄米甘酒の糖度は53%もあるので、そのまま食べても満足感があります。

Agtで販売している玄米乳酸菌入りソイグルトなどに合わせてもGOOD!

 

・お料理やお菓子の砂糖代わりに

糀に含まれる分解酵素がお肉やお魚を柔らかくします。また、アミノ酸などのうまみ成分もプラスされるので、漬け込み用調味料としてもお使いいただけます。

そのほか「味噌 + 玄米甘酒」、「酢 + 玄米甘酒」など発酵ドレッシングもおすすめ。

 

 

 

〇 夏バテ予防に玄米甘酒を飲もう

 

一年を通しておいしく飲み続けられるAgtの玄米甘酒ですが、これからの季節は夏バテ予防や熱中症対策の栄養補給にもぴったり!

子どもから大人まで一日一杯の甘酒を飲んで免疫力を整え、夏の暑さに負けない日々を過ごしましょう。

 

 

〇 玄米甘酒 〇

¥ 1,100 / 500g

 

Agt店頭またはあぁう米オンラインショップからご購入できます。

https://www.aaumai.jp/products/detail.php?product_id=61 (あぁう米オンラインショップ)

 

 

【 関連記事 】

〇 真夏の新定番!飲む点滴「フルーツ甘酒」

真夏の新定番! 飲む点滴「フルーツ玄米甘酒」

 

 

〇 Agtが提案する、免疫を整える新習慣 vol.4 “ 玄米乳酸菌入りソイグルト ”

Agtが提案する、免疫を整える新習慣 vol.4 “ 玄米乳酸菌入りソイグルト ”