【MOKUな人 ~ 農家訪問 & 2021年産新米レポート ①】

もうすぐ秋本番。今年もいよいよ新米のシーズンを迎えます。

猛暑の夏を乗り越え、北海道らしい涼しさを感じるようになった9月上旬、Agtの自然栽培米を作ってくださっている農家さんを訪ねてきました。

 

1人目は、北海道の真ん中に位置する町・芦別市にある「アグリシステム太田農園」の太田拓寿さんです。

農園の4代目である太田さんは、父・良雄さんが30年以上おこなってきた有機栽培をベースに自然栽培を開始。14年目を迎えた現在は、良雄さんと弟の啓允さんらとともに、「ななつぼし」・「ゆめぴりか」などのお米を作っています。

東京ドーム約8個分の面積を保有する太田農園。田んぼの周辺には、山ブドウや栗の木が生えており、リスなど野生動物の姿も時々見られるそうです。自然が豊かな場所で、太田さんのお米は作られています。

 

太田さんは、毎年安定した収量を保つために、田んぼをローテーションで休耕させています。その年に使用した田んぼは、次の一年を休ませることで地力が高まり、毎年安定したお米づくりができるそうです。

天気によって毎年味が左右されるという自然栽培米。今年のお米づくりについて太田さんは、「春は気温が低く、天気も良くないと思っていましたが、夏の急な暑さで稲の成長が早まりました。生育に欠かせないダムの水が枯れる心配もありましたが、何とか間に合ったという感じです。今年は台風が無かった事も良かったですね」と振り返ります。

例年より2週間ほど早い収穫期を迎えた事について、「猛暑のなかで順調に育ってくれたので、余裕を持ちながら、ゆっくり大切に収穫したいと思います」と話してくれました。

今年の自然栽培米は「ななつぼし」に加え、「ゆめぴりか」が2年ぶりに再登場する予定。また、有機栽培の「ゆきひかり」も入荷予定です。

太田さんの自然栽培米は、10月上旬~中旬の入荷を予定しています。どうぞお楽しみに。

 

☆ 太田さんのお米はAgtオリジナルの名前「道まんなか米」として販売。店頭またはあぁう米オンラインショップからご購入いただけます。

あぁう米オンラインショップ

 

☆ 太田さんについてこちらの記事でも紹介しています。併せてご覧ください。

MOKUな人 Vol.6 太田拓寿さん(アグリシステム太田農園)