電磁波が気になる方たちに知ってほしい、 脱・電子レンジのパワースチームオーブン!

パソコン、スマホ、テレビなど、私たちの身の回りには電磁波を出すものがたくさんあり、今や切っても切れないものとなりました。とはいえ、少しでも強い電磁波から距離を置きたいと思っている方も多いはず。今回は、そんな方にぜひ知ってもらいたい情報を紹介します。また、少しでも体にいいものをと考え食材にこだわっている方たちにも、調理器具に関して学ぶきっかけになってもらえればと思います。

家庭内にあるもので電磁波が強いといわれるのは、IHクッキングヒーター(電磁調理器)、電子レンジ、電気ストーブ、ホットプレート、乾燥機、エアコンなど。でも、「電子レンジやIHクッキングヒーターがなくなったら、食事の支度が困る!」となりますよね。忙しい現代社会、電子レンジを使った簡単調理法も世の中にはたくさん出ています。確かに時短料理には欠かせない調理器具ではあります。とはいえ、電子レンジそのものが体には良くない…となんとなく感じている方もたくさんいるようで、電子レンジから強い電磁波が出ているから、子どもは近づけないようにしているという話も耳にします。さて、ここで質問です。電子レンジを使って温めた食品について考えたことはありますか?

近年は、見た目はふくよかだけど栄養失調という方が増えています。食が豊かになり、飽食の時代といわれているのに…です。その方たちがすべてとは断言できませんが、電子レンジで温めたものばかりを食べているからではないかという指摘が一部であります。電子レンジは強いマイクロ波を出して温めますが、その際に食品の分子構造に変化を起こし、質を変えています。酵素も破壊し、ビタミンやミネラルなどの栄養素も低下しているそうです。せっかく、無農薬の野菜やお米、原材料からこだわった調味料などを使っていても、電子レンジでチンしたことで、肝心なものが失われていては意味がありませんよね。

電子レンジがなかった時代は「蒸す」ことで温め直しをしていました。蒸すだけで十分なのです。ですが、近年では蒸し器がない家も多いと聞きます。蒸し器を出すのも面倒という方もいるでしょう。そこで、蒸し器の代わりとなり、オーブン料理やグリル料理も手軽にできるパワースチームオーブンを紹介します!

パワースチームオーブンNew「グランシェフ」は、もともと無水鍋を作っていた宮城県の会社がマイクロ波に対する不安から開発したもの。食の安全、安心を考え、マイクロ波を出さない、電子レンジに代わるものとして販売をスタートしました。安心安全はもちろんですが、実際に使っている方たちからは「家庭料理が美味しく作れるようになった!」と評判です。食材の持つ旨みや水分を逃さないので、野菜のスチーム料理のほか、魚や肉料理も美味しくできる優れもの。もちろんオーブンなのでケーキやパンも焼けます。ご飯も1合から炊けるので、時間差で玄米と白米を炊くことも可能です。

このパワースチームオーブンについて知ってもらうための調理デモをMOKUが運営するショップAgtで定期的に行います。当日は、スチームオーブンのほか、IHクッキングヒーターに代わる遠赤外線を用いたクッキングヒーターも紹介。楽しい調理デモと試食を通じて、マイクロ波や電子レンジに関しても学ぶことができます。参加費は1人1000円(材料費込み)。申し込みは、Agtへ直接電話(011-552-3729)またはメールで(agt@moku.jp)。